陶芸展示会へ

私の同級生の お兄様の陶芸展へ
学校の美術の教師を終えられて
陶芸の道へ

私などと違い
本格的に穴窯を築かれています
一窯焚くのに 松の木を 10トン近く焚くそうです
約一週間

とてもとても 専門の方には適いませんね

2010 7  悠遊窯 001

2010 7  悠遊窯 004 2010 7  悠遊窯 005
40cmx30cm          こちらも 40cmx25cm
2010 7  悠遊窯 002 
中央の方が 作者です
2010 7  悠遊窯 006

私の作品と違うのは 釉薬を使ってない事です
松ノ木が燃えて灰になり 作品に降りかかっているのです
その灰が 釉薬の代わりとなって色を出します
粘土との相性で 赤黒くなったり
また 黄色っぽくなったり
・・・・・・その他・・・の・・色に・・・・・・

 

その 展示会場を後にして
そこで見たものは!!
2010 7  模擬結婚式? 0032010 7  模擬結婚式? 
2010 7  模擬結婚式? 002-1 
撮影会の様でもあり・違うかな?
「写真撮ってもいいですか」・・「いいですよ」 って
後ろの建物が 以前に紹介した 臥龍山荘
で 私が 行った展示会場は 山荘画廊
直ぐ横です
結婚式の 前撮りだったのかも??
だったら・・・お幸せに!

 

今日の おまけ

2010 7  肱川あらし NHK  ハイビジョン 003 

以前に 右の赤い端を ブログにUPしましたが・・
NHKハイビジョンで 「肱川あらし」 が放送されました
お友達から連絡が有った時には既に放送が終わっていました
ところが 先日再放送されたのです
そこから画像を戴きました

”水の七変化” として・・・
蔵王の霧氷・・イングランドの間欠泉・・肱川あらし 
これらを 科学的に解明していました

この橋が肱川の河口です
ここより17~8キロ上流に 大洲盆地があります(私が住んでいる町です)
冬のある条件が揃った時に この盆地に発生した霧が
川を流れ下り 海までごーごーと流れ出ていく様を
「肱川あらし」と言います

世界でもここ特有の極めて珍しい現象だそうですよ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

About these ads
カテゴリー: 陶芸 パーマリンク

陶芸展示会へ」への24件のフィードバック

  1. abend の発言:

    陶芸展 素敵な作品が一杯ですね。行かれると勉強になるでしょうね^^

  2. とんび の発言:

    ** abend ** さんこんばんはよく存じ上げてる方なので 色々とおしゃべりして来ました作風というか窯というか 違いますので まねしようにも出来ないのです素敵な色合いでしょう・・・これは 逆立ちしても真似が出来ません教えてもらって帰ってきましたよ・・色々と!

  3. 乙女 の発言:

    釉薬をかけずに焼成した穴窯特有の自然の風合いが素敵だわ。素晴らしい作品を見てとんびさんも制作意欲をかきたてられたかな(^0^*)若い二人は式場のパンフレット作りをしてるのかしら?

  4. とんび の発言:

    ** 昔の乙女 ** さんそうですね 穴窯特有の色合いですよねさすがでしたそうです私も ようし 作るぞうて 気持ちになりますねあ~若い二人ですね・・・・確かめなかったのですが・・・披露宴でのビデオ用かとも

  5. tan の発言:

    こんばんは~素晴らしい数々の陶芸品。私には、価値なんてぜんぜんわからないけど、素晴らしいなってことだけはわかります。松ノ木が燃えて灰になり、粘土との相性で色が変わったり、とても難しい世界なんですね☆(ゝω・)v素人が軽々とコメントできませんが、素晴らしいです。撮影会の、女の子、可愛い(´∀`*)最後の肱川あらしって!!!!!すごーーーーーーーーいぃーーーーーー!!!!!初めて見ましたよー☆(ゝω・)v。なにこれ・・・・・・・、感動ものですね((o(´∀`)o))。ありがとうございました。

  6. 洋子 の発言:

    美術教師をされていた方なのですね。なるほど、大きな作品もバランスが綺麗にとれていて、さすがだな~と思います。若いお二人、初々しいですね~。

  7. 憲さん の発言:

    お早うございます釉薬を使用しない焼き物ってあるのですか・・・釜を開く時 楽しみというか期待が大きいでしょうねー・・・機会があれば 壮大な自然現象 肱川あらし・・・見てみたいものです・・・

  8. たんぽぽ の発言:

    素晴らしい作品ばかりですね~肱川あらし、凄いですね(@_@;)放送・・・見たかったです。

  9. とんび の発言:

    ** tan tan ** さんこんにちはそうですね 穴窯特有の色合いの陶器ですね所謂 民芸品風の作品ですね素晴らしい形と 色を 堪能してきました撮影の許可戴いたのだから・・・モザイク掛けなくてもよかったのかな~「肱川あらし」 毎年 何処かの大学生が研究に来ていますよ

  10. とんび の発言:

    ** 洋子 ** さんえ~~ 美術の先生でしたやっぱり何処と無く センスが違いますね持って生まれた才能は どうしようも有りませんね本物のカップルなのか モデルなのか分かりませんが・・・・

  11. とんび の発言:

    ** 憲 ** さんこんにちは備前焼などは 釉薬掛けていませんね粘土が焼け焦げているだけですね窯出しの折は 期待充分に扉を開けるのですが・・・・・・・がっかりしたり 思わぬにっこりしたり・・・・こちらの友(一緒にTV見て)が言っていました「肱川あらし」 観光に使えないかな~ って年に何回かしかないのでは・・・・しかも 条件が揃わないと・・・難しそうですね

  12. とんび の発言:

    ** たんぽぽ ** さんいいでしょう このような作風も!自然というか 偶然というか 出そうとしても出ない色・・・・小学生などは この赤橋を 真横からの霧の流れを受けながら 通学していますよ勿論 真冬のことです

  13. kanami の発言:

    こんにちわ~陶芸展の作品。素晴らしいものばかりですね。一つの窯が、1週間ですか。。。(@_@。作品は、ちょっと備前焼にも似たような感じですね。作者の後姿。はい、まさに芸術家です^^臥龍山荘での撮影会(?)若いお二人が初々しくて良いなっ(#^.^#)でもね、この時期の和服は暑いよ~~(大汗)肱川あらし、再放送でご覧になられたのですね。自然が織りなす素晴らしい現象ですよね!

  14. とんび の発言:

    ** Kanami ** さんこんにちは素晴らしい作品の数々でしょう一週間掛かるそうですよ・・・一窯焚くのに!!そうですね 釉薬を付けていませんから粘土のその儘が現れていますねあ~確かに暑い撮影会ですねはい!!再放送を見ました30分の番組でしたが(1.5時間を3番組)・・・水の七変化として 科学的に解明していました霧の流れを体験はしてても それを上空から見るなんて事は有りませんからねえ~~自然の珍しい現象です

  15. フー の発言:

    う~ん・・・素敵な作品ばかりです。トンボの作品は旬なので特に素晴らしいですね~雲海と言うのか霧の流れる様は圧巻ですね。すごいです。本物は見られないにしてもTVでも拝見しかったなぁ~

  16. はっちゃん の発言:

    こんにちは陶芸も本格的になると凄いですね。穴窯はどんなんかわからないですが一日に松の薪を1トン以上もつかうんですか。今は電気やオイル窯があると聞いてますがやっぱり出来が違うんでしょうね。若いカップルより後ろの臥龍山荘に凄く興味があります、藁ぶき屋根に見越しの松いいですね。

  17. アカゲラ の発言:

    こんにちはとんび様も 負けずに個展を開いてください。生徒さんが 喜びますヨ!(^^)!花嫁さんの お顔が ボカシですか!(^^)! 残念!!  おまけの写真・・TV画面でも綺麗に撮れるんですね・・,ハイビジョンだからでしょうかね!(^^)!

  18. Jasmine の発言:

    陶芸家の方ってすごいんですね!一週間焼きあげにかかるとは!!薪を1トン以上!根気のいる作業だなと思いました。若いカップル、最近は振袖の時も文金高島田は好まれないそうですね。私は思いっきりカツラをかぶりましたけどね(笑)前撮りでアルバムを作るのかしら?

  19. ナナ の発言:

    すばらしい作品ですね!とんびさんの作品も味わいがあってすばらしいですよ。臥龍山荘の風景がいいですね。撮影会かしら 若い方ばかりのように見えますが・・・?

  20. とんび の発言:

    ** フー ** さんそうですね トンボは正に旬ですね後 壷にもトンボが張り付いていましたは~い 雲海の霧(雲)が 流れ出すのです・・・海に向かってもう一度 再々放送してくれないかな~

  21. とんび の発言:

    ** はっちゃん **穴窯は 早く言えば 山の中腹に横穴を掘って行き止まりのところに上向きの煙突を付けた様な物ですこの横穴部分に作品を並べて  入り口を閉じて(薪の投入口のみ残して) 火をつけます火を絶やさないように穴の中全体が1300度位まで上がるように薪を焚き続けますこの為 1週間位掛かるのです電気窯は ただ 温度のみ1300度位上げますが・・・ただ 熱を加えてるだけです灯油窯は 灯油を燃やして温度を上げるため 薪窯に近いと言われます・・・ただ 薪の様に灰は出ませんので 灰による色の変化はありませんは~い  臥龍山荘・・・いい建物ですよ!!

  22. とんび の発言:

    ** アカゲラ ** さんハハハ! 私の作品は 私のギャラリーに 並べてますので・・・・多くは有りませんがデジタル液晶画面では 結構映るようですよあの 縞縞が非常に少なくなりました所謂 オートで撮っていますが それで 何とか見れる写真になりますね

  23. とんび の発言:

    ** Jasmine ** さんとても一人では窯は焚けませんので 仲間 友達などに応援を頼んでいるようです私にも 「作品もってこい」 って お誘い受けましたが・・・・窯焚きの要請があるので 今の所 遠慮しているところです文金高島田は見なくなりましたね・・・田舎でも・・・あの重さだけでも敬遠敬遠ですね

  24. とんび の発言:

    ** ナナ ** さんいい色合いしてるでしょうさすがは 穴窯の威力です自然の風合いには勝てませんね臥龍山荘・・・西の桂離宮って呼ばれていますよ書院造のなかなかの建物です(室内を写せないので 最近行っていませんが)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中